バストアップをして魅力的な身体に|美を追究する人たちへ

どれぐらい入れるか

バスト

手軽に胸を大きくできる美容整形では、断トツでヒアルロン酸が人気です。持続性は一年から二年と大変短いですが、どのやり方よりも料金が安いので受ける人が非常に多いです。各クリニックでは1CCから10CC、100CCという単位で価格が掲載されており、どのくらいの量を入れるとバストアップ効果があるのか疑問が残ります。この辺は体型に左右されるので一番は医師と直接会って話を聞くしかないでしょう。始めにほかの人がどの程度注入したのかを口コミと体験談を通して調べる手もあるでしょう。バストのサイズはトップバストとアンダーバストの差で決めることができます。そのため施術を受ける時の体型やブラジャーのカップ数、注入する部位でヒアルロン酸の量が変わるといわれています。1カップのバストアップをする時に必要な量は、片胸で70CCから100CCになります。このくらいの量だと自然なバストアップが可能となります。ちなみに2カップ程大きくしたい時は、150CCから200CCの注入が望ましいでしょう。ヒアルロン酸を使ったバストアップだと豊胸バックのような巨乳を目指すことができないので、当然限界はあります。最高で2カップまでなので人によっては満足しない場合もあるでしょう。その時は大きさを調整できる豊胸バッグを医師側が勧めるかもしれません。他の方法だと豊胸バックを挿入した後に脂肪注入も有効です。このやり方でAカップをDカップにした体験者もいますから期待できるでしょう。

初めてのバストアップだと、適量は30CCから50CCです。実際にどれくらいの量が適切なのかしっかりと理解していないのでこの量が現実的です。今よりも少しだけ膨らみがほしい、あるいは授乳で失われた胸を取り戻したいなら、一気に入れるのではなく少しずつ注入するやり方もありです。中には予算を抑えたいと考える人もいるので、一度に100から200CCを入れるのは無理があるかもしれません。この場合は長い間バストアップの効果を維持するために数か月置きの注入が理想的です。例として30CCから50CCが適量でしょう。一気に注入すると身体への負担が心配されるのでこの量が一番適していると医師が説明してくれます。実際にバストアップをする時は、独断で決めると後で後悔する可能性があります。そのためまずは無料カウンセリングをいくつかこなしていきましょう。希望する胸の大きさにするためには、人によってヒアルロン酸の量が限られてきますし、診断の結果ヒアルロン酸注入が向いていないと判断されることもあり得ます。そしてヒアルロン酸注入は少なめに注入するとかサイズが変わった胸を見ながら何回でも注入できる点が最大の魅力でもあるため、受ける価値は十分あるでしょう。ヒアルロン酸注入に対する疑問や不安もありますから、それらを解消するためにも積極的に質問することが重要です。